消化器内科

goTop

携帯版はこちら

患者の気持ち

消化器内科とは

胃・腸の病気、肝臓・胆嚢・胆管・膵臓の病気に対して専門的な診療を行っています。

逆流性食道炎、胆管炎、胆のう炎、胆のうがん、慢性膵炎、すい臓がん、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃がん、大腸炎、大腸がん、大腸憩室症、過敏性大腸炎などの診断・治療・管理を行います。

次のような症状を感じたらお気軽にご相談ください。

  • 胃部不快感、胃の痛み、吐き気、食欲不振などの症状がある
  • 検診で胃の異常を指摘された
  • 胃にヘリコバクターピロリ菌がいると言われた
  • 下痢が続く、血便が出るなどの症状がある
  • 検診で便潜血が陽性と言われた
  • 以前、大腸にポリープがあると言われたことがある
  • 近頃、アルコールや天ぷらなどを食べた後にお腹や背中が痛くなる
  • 腹痛と発熱が続く
  • 検診で膵臓や胆管の検査値が高いと言われた
  • 胆石があると言われた
  • 検診で肝臓の検査値が高いと言われた
  • 脂肪肝があると言われた
  • 近頃体重が増えたり、お腹周りの脂肪が気になる  など

逆流性食道炎

胃液や胆汁が何らかの原因で食道に逆流して、食道の粘膜に炎症をきたす病気です。重度の場合、食道潰瘍と診断されることもあります。
要因としては食生活の欧米化による変化、たばこ・飲酒・肥満などの生活習慣の悪化、ストレスの増大などがあります。これらによって、食道下部括約部のしまりが悪くなると、胃酸の食道への逆流により発症します。
逆流性食道炎は、症状が改善しても再発しやすい病気です。自覚症状がなくなっても生活習慣と食事に気をつけることが重要です。日常生活において、普段から背筋を伸ばし前かがみにならない、アルコール・タバコを控える、食べ過ぎない、食後すぐに横にならない、就寝中はお腹から頭にかけて高くする、ベルトや下着などでしめつけない、重いものなどを持ち上げない、適度な運動をする、などを心がけてください。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

ヘリコバクター・ピロリ感染と鎮痛剤などの内服が二大原因です。それにストレスなどで胃酸分泌亢進し潰瘍が生じます。高齢化社会では、いわゆる「さらさら系」である抗凝固薬や抗血小板薬の内服が増えており出血しやすい環境になっています。潰瘍の既往がある人は、ピロリ菌を調べ、陽性時は除菌療法をお勧めします。

胃がん

胃がんの主たる原因はヘリコバクター・ピロリ感染です。検査法・治療法が向上したことにより、定期的に検診を受けていれば早期胃がんで発見が可能です。早期胃がんなら外科的開腹術を行わず内視鏡下で粘膜切除が可能です。
ピロリ菌以外に塩分の摂り過ぎや、肉や魚の焦げ、喫煙、過度の飲酒などはよくありません。特に、タバコの発がん物質は唾液に溶けて胃に入るので胃がんの原因にもなります。夜食、早食い、食べ過ぎといった不規則な食習慣やストレスも胃に負担をかけます。定期的な検査と診断とともに、規則正しい生活を心がけることが大切です。

大腸がん

大腸がんは大きく分けると結腸がんと直腸がんの二つがあります。
盲腸からS状結腸までにできるがんを結腸がんと呼び、直腸から肛門までにできるがんを直腸がんと呼びます。
どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍で、総称して大腸がんと呼ばれています。
以前は日本人の大腸がんは直腸がんが多かったのですが、近年は欧米人の様に結腸がんが多くなってきており、大腸がん患者は増加の一途をたどっています。
また、大腸がんは隆起型と陥没型とがあり、前者はゆっくりと進行しますが、後者は腸壁内層に食い込んでいくもので、進行が早いタイプです。大腸がんリスクが高くなる年齢は、50代から多く見られ、60代から70代でピークになります 。